既卒の就活で差をつける戦略

*

面接時に大切な身だしなみについて

   

面接時に大切な身だしなみのマナーとは?

 既卒の就活では、第一印象が採否を分ける重要なポイントとなります。そこで、面接時に守るべき、身だしなみのマナーについて、まとめておきたいと思います。

 まず、就活の面接なのですから、必ずスーツを着用します。男性なら紺か濃いグレー、女性なら黒も可ですが、中のシャツやブラウスは白地のものを選びましょう。スーツを着るときには、体型に合ったサイズのものを身に着けるのが普通です。肩幅や袖丈、裾などが合うように、きちんと直してもらってから、面接に臨んでください。

 そして髪型ですが、できるだけ自然な色で、表情が見えるように長すぎない方が印象がよくなります。前髪が目にかかったり、横の髪が中途半端に耳にかかったりしないように、男性は短めに切り揃え、女性は長ければ結んだりまとめたりするように、心がけましょう。

 また、靴やカバンも、企業の採用担当者はチェックしています。汚れや傷がないようにきちんと手入れをし、さらに布ではなく、自立して椅子の横にたてておける合皮や革製のバッグを選ぶなど、大人として恥ずかしくないものを持っていきましょう。

NGな身だしなみの特徴とは?

 既卒の就活だからこそ、身だしなみがNGにならないように、細心の注意を払う必要があります。まず、男性ならネクタイとジャケットとズボン、女性ならヘアスタイルとスカートとアクセサリーに、特に目がいくと言われています。きちんとアイロンをかけたり、就活にふさわしいように整えるよう心がけましょう。当然、靴やバッグが汚れているものNGなので、前日までに磨いておきましょう。

 そして髪型がだらしないことにも注意が必要ですが、それ以上に気を付けておきたいのが爪の手入れです。爪垢がたまっていたり、爪が伸びているなど、採用担当者はちゃんとチェックしています。また、眼鏡も流行のものおりは、淵なしや細い淵のものなど、ビジネスライクなものをかける方が無難です。

 時計もブランドものだったり、キャラクターものというのは、分不相応に見えます。そうした小物にも配慮しながら、清潔感のある服装と髪型を心がけ、第一印象がよくなるように準備しておきましょう。

 - 採用につながる面接の基本

  関連記事

af9930029234l
圧迫面接の対処方法!

【圧迫面接にあったらどうする?】  皆さんは就職活動した際に、圧迫面接を受けたこ …

既卒が面接でどのような自己紹介をするか

印象に残る自己紹介を  面接でする自己紹介は当然のことながら単なる自己紹介で終わ …

af9920070549l
面接官がみているところとは?

面接官がみているところとは?  面接官によってそれぞれ細かい視点は違ってきますが …

既卒の就職で聞かれる質問は

就職をしなかった理由  既卒であれば高確率どころか必ずといっていいほど聞かれる質 …

既卒の守る面接マナー

面接マナーの確認を忘れずに  面接にはマナーが存在するのは在学中でも学んだはずで …