既卒の就活で差をつける戦略

*

既卒の就職活動期間は何ヶ月?

   

 もし新卒者に合わせて就職活動を行うのであれば、説明会や求人公開などのタイミングがありますから、既卒者の就職活動期間は半年であったり、それ以上になることもあるでしょう。
 しかし、無理に新卒者に合わせることなく、自ら行動して求人を見つけ出し応募するという活動方法を選択するのであれば、そこまでかからずに就職できる既卒者も多いはずです。

 2〜3ヶ月で就職できる人も少なくないのではないでしょうか。行動的であり、計画性のある人であれば、このあたりを目標に活動しても問題はないと思われます。

就職活動期間を過剰に気にしないこと

「3ヶ月後には就職できているのだろうか」、「遅くとも半年以内には就職していなければ」などといった思いを抱くのは仕方ないのかもしれません。目標を立てるという意味では、特に後者のような考え方は悪くはないでしょう。
 しかし、就職活動の期間を過剰に気にしながら動くのは控えた方がいいと思います。

 既卒者の需要、つまり、転職市場価値は年々上がっているとも言われています。であれば、あなたを本当に求めている企業を探し出して就職した方が、長い社会人生活を考えた時にはメリットが大きいでしょう。

 今すぐに就職することを考え失敗するよりも、多少就職が遅れたとしても、良い企業を選択することに集中するべきなのです。

慎重になり過ぎると延びてしまう活動期間

 就職活動の期間をあまり気にし過ぎるべきではないとは言っても、慎重になり過ぎるのも困りもの。
 待遇を気にし過ぎたり、選り好みをし過ぎれば、就職することなく、ただただ時間だけが過ぎていってしまうでしょう。

 ある程度、就職活動期間を定めておくことは大切です。それに縛られ過ぎてはいけませんが、目標は必要。このバランスはとても難しいと思います。
 ただ、その計画性と、状況により臨機応変に計画を見直す勇気や決断力は、社会人にとって必要不可欠なものであると理解できれば、就職活動もそのトレーニングの一環と思うことができるはず。

 その意識を高めることができれば、就職活動期間を短く、しかし理想の会社に入社することができるのかもしれません。

 - 就職の進め方

  関連記事

既卒が就職活動にかける期間は

長くても納得のいく就職を  目指す目的によっても就職活動にかかる期間がどれくらい …

既卒が就職をするために考える計画は

就職のために何をするか  既卒の場合だと就職に関しては立場的には不利な状況となり …

既卒が就職するための目的は

目的の必要性  就職をする際には目的を定めることが必要となります。勘違いする方が …

電話の苦手意識をなくすために

 相手の顔が見えない電話での会話が苦手だという人でも、会社に入ったからには電話対 …