既卒の就活で差をつける戦略

*

履歴書を完成させて送付する

   

履歴書の写真は重要?

 履歴書に添付する写真はおまけではありません。それはその人の顔を写したものですから、そこからにじみ出る人柄、これも無意識のうちに、あるいは意識的にチェックしている採用担当者もいるかもしれませんが、合否を左右するひとつの要素となり得るのです。

 大事なのは出身大学、そこで行った活動の数々、やる気、性格だ、なんて思い込んでいる既卒者は、その考えを少し軌道修正した方がいいでしょう。写真撮影は就活を進める上でそこまでしんどい作業ではありませんが、こういった簡単にできる作業だからこそ手を抜かずに行っておくことが大切なのです。

 履歴書の写真は、何よりも明るい印象を与えることを意識しなければなりません。既卒者にありがちな就活疲れが写真に写ってしまったら台無し。最高の顔で写るよう心がけてください。スナップ写真は論外。街中に置いてある証明写真が撮影できる機器、これも悪くはありませんが、できれば写真屋さんを訪れ、プロのカメラマンの手で撮影してもらいましょう。

 顔色を修正してくれたり、良い表情が取れるまで撮影、あるいは数カットのうちベストな写真を選択するなど、機械ではできない作業をしてくれます。お金はかかるかもしれませんが、就活を成功させたいなら選んで当然の撮影方法となるでしょう。

履歴書送付に関しての注意点

 履歴書を直接渡すのではなく送付する場合、幾つかの注意点があります。これができるかできないかで社会人としてやっていけるかどうかが判断されることもあるでしょう。就活に慣れない既卒者だからといって疎かにするのではなく、既に社会人であるという自覚のもとに履歴書を送付するようにしてください。

 封筒の選び方ですが、履歴書を過剰に折らないと入らないサイズのものは選ばないこと。2つに折った時と同じサイズの封筒を選択しましょう。宛名書きにも注意点があります。会社名の後には「御中」と書くのが基本ですが、履歴書送付の際には採用担当者の名前を書くのが基本。この時には「御中」はいらず、個人名の後に「様」を付ければいいだけなので気を付けましょう。

 会社名を略すのはNG。間違っても「(株)」なんて記載はしないこと。赤字で「履歴書在中」という文字も忘れずに。裏には必ず自らの氏名と住所を記載。そして忘れてはならないのが送付状です。履歴書を送付したことを示す書類で、特に指定されている場合以外はこれを一緒に送らないと、これも既卒者と言えど大変失礼となります。この送付状を一番上に、その次に履歴書といった順番で送るのが一般的です。

 - 履歴書の基本

  関連記事

履歴書のフォーマットは何がいいか

手書きであれば就職用の種類を  履歴書も種類があり、それによって書ける内容が変わ …

no image
履歴書の選び方のポイントとは?

履歴書は全部一緒ではない?  既卒者といっても、どんな学生生活を送ってきたのかに …

履歴書を埋めるのに役立ってくれるアルバイト経験

職歴欄には堂々とアルバイトの経歴を  まず、履歴書には堂々と自分のこれまでの経歴 …

既卒の履歴書はどこを見られるのか

写真はどうするか  履歴書において最も見られるとされる部分が写真となります。ここ …

af0060001249l
履歴書で重視されるポイントとは?

 書類選考がある企業に応募する場合、まずは履歴書だけで判断されるため、面接に進め …

既卒が就職で書く履歴書

基本を確認して書く    就職において出す書類は基本的に履歴書だけであるため、履 …