既卒の就活で差をつける戦略

*

履歴書で重視されるポイントとは?

   

 書類選考がある企業に応募する場合、まずは履歴書だけで判断されるため、面接に進めるかどうかは良い履歴書ができたかどうかにかかっています。転職希望者の場合は職歴やスキルが重要視されますが、新卒者や既卒者には職歴がありません。ではどこが重要視されるのかというと、「見やすさ」「正確さ」です。

 見やすい履歴書というのは、空欄が少なくバランスが良くて読みやすいという特徴があります。バランス良く書くために気をつけることは以下のようなことがあげられます。

・文字の大きさに気をつける
 文字の大きさがバラバラだと、バランスが悪くなってしまいます。特に漢字を書くときは、ひらがな・片仮名に比べると大きくなってしまいがちです。また、線の入っていない履歴書を使用するとバランスを取るのが難しいので、線が入った履歴書を選ぶようにしましょう。

・文字と文字の間隔に気をつける
 文字の大きさを揃えるのと同じく、間隔をあけすぎたり狭すぎたりすると不自然になるので、間隔も均等になるように気をつけましょう。

・水性ボールペンを使うべき
 油性ペンを使うと、裏側にインクがにじんでしまいます。裏面に書く部分がない履歴書なら良いですが、表と裏に書く履歴書を使用する場合は油性ペンを使うと見づらくなるので注意してください。

・履歴書選びも重要
 履歴書は空欄が少ないほど見栄えが良くなります。既卒の場合、職歴の欄はほぼ空欄になってしまうので、できるだけ職歴の欄が小さい履歴書を選ぶのがコツです。

 また、履歴書には正確さも求められます。誤字や脱字がある履歴書は問題外です。誤字や脱字があると、だらしがない、ルーズという印象を与えてしまいます。きれいな字が書けるに越したことはありませんが、特別きれいではなくても、走り書きにならないように丁寧に書くことで好印象を与えられます。

 既卒者は、卒業してからのブランクが長ければ長いほど不利になります。しかし、嘘を書いてはすぐにわかってしまいます。既卒のブランクをカバーするためには、資格取得のための勉強をしていた、アルバイトをしてスキルを身につけていた、などプラスになることを自己PR面でカバーしましょう。

 履歴書は内定を勝ち取るための第一歩です。丁寧で見やすく書くことを心掛け、他の応募者と差がつく履歴書を作成しましょう。

 - 履歴書の基本

  関連記事

既卒が就職で書く履歴書

基本を確認して書く    就職において出す書類は基本的に履歴書だけであるため、履 …

既卒の履歴書はどこを見られるのか

写真はどうするか  履歴書において最も見られるとされる部分が写真となります。ここ …

3samune
履歴書を完成させて送付する

履歴書の写真は重要?  履歴書に添付する写真はおまけではありません。それはその人 …

no image
履歴書の選び方のポイントとは?

履歴書は全部一緒ではない?  既卒者といっても、どんな学生生活を送ってきたのかに …

履歴書のフォーマットは何がいいか

手書きであれば就職用の種類を  履歴書も種類があり、それによって書ける内容が変わ …

履歴書を埋めるのに役立ってくれるアルバイト経験

職歴欄には堂々とアルバイトの経歴を  まず、履歴書には堂々と自分のこれまでの経歴 …