既卒の就活で差をつける戦略

*

就活を始める前に知っておきたい5つの流れ

 せっかく動き出したのに、ことごとく躓いてしまうのは、きっと予習が足りないから。就職活動は事前に知っておくべき知識と、それを元に行う予習、これがあってこそ結果が出るもの。少しでも時間を無駄にしたくないなら、躓く前にこうしたことを知っておいた方がいいでしょう。

就職の準備や進め方

 知識と言えば、就職活動をする上で必要な知識が幾つかあります。自分や企業への知識、就職率や活動の進め方に関する知識など。ひとまずこれらを集めてみましょう。すると就職活動の全体像が次第に鮮明になってくるはず。鮮明になればなるほど、質の高い予習ができるようになります。

【参考記事】
既卒が就職をするために考える計画は
既卒が就職するための目的は
既卒が就職活動にかける期間は
電話の苦手意識をなくすために

求人情報について

 収集・精査・比較。求人情報を集め、応募先を決める時の重要なスリーステップです。これを繰り返すことで、次第に求人の絞り込みを行います。最終的に1社にする必要はありません。既卒は可能性が無限大。多くなり過ぎなければ、複数の応募先を残しておくことも必要なのです。

【参考記事】
既卒で仕事を探す
既卒とハローワーク
既卒にとって良い求人とは何か
就職活動に影響?正規雇用と非正規雇用の違いって何?

応募書類を作成する

 既卒者であれば履歴書に重点を置くべきですが、その中で志望動機だけを頑張っても、その他大勢の中に埋もれてしまうかもしれません。他の人が興味を持っていないであろう趣味や特技、資格、もしこれがあるなら、ここでもオリジナリティを示し、少しでも人事の脳裏に引っかかるようなアピールをしておきましょう。

【参考記事】
既卒が就職で書く履歴書
既卒の履歴書はどこを見られるのか
履歴書のフォーマットは何がいいか
履歴書を埋めるのに役立ってくれるアルバイト経験

面接について

 応募書類に特徴的な部分があれば面接でも聞かれるでしょうから、その部分はしっかりと整理しておくこと。過去の就職活動や、働くことに対する気持ちや感覚、価値観といったものも既卒者がよく聞かれることです。当たり前のことだけを並べ、「つまらない」と思われないようにしておきましょう。

【参考記事】
既卒の守る面接マナー
既卒の就職で聞かれる質問は
既卒が面接でどのような自己紹介をするか

退職・入社準備

 就職活動が一段落したら、今度は入社に備えておかなければなりません。これこそ社会人になるための予習。やはり知識をどれだけ持っているかで予習の質が変わってきます。体調管理も重要ですから気合いの入れ過ぎには注意し、また、企業から送られてくる書類などにも入念に目を通した上で、入社日に備えておきましょう。

【参考記事】
内定をもらった後の入社手続き
既卒が入社する前に確認すること
入社契約書に気をつける
入社後に何を注意するかで働きやすさが変わってくるかもしれません

公開日:
最終更新日:2016/01/18