既卒の就活で差をつける戦略

*

収益力が高いかどうかをチェック!

   

①収益力の高い業界を探そう
 
 既卒で将来につながる就職を果たそうと考えたら、応募企業の給与や福利厚生の充実だけでなく、業界自体が収益力が高いかどうかのジャッジも必要です。
 
 そこで、業界研究を行う際に、業過全体の景気動向を知り、現在の収益力がどうなっているのか、そしてその業界が成長する将来性があるのかどうかを、しっかり見極めておくことが大事になります。とはいえ、業界全体という指標で調べるとなると、難易度が高いですよね。
 
 そこで、業界別にTOP企業2~3社の財務諸表から、収益がどう推移しているのかをピックアップしてみることをおすすめします。

 財務諸表でのチェック方法は後述しますが、業界大手の企業の共通点を探すことで、業界の現状や将来の展望が、ある程度予測できます。
 
 現在、転職市場も活況な建築やリフォーム業界ですが、これが恒常的なものなのかどうかという、5年後、10年後を予測しながら、業界や職種を選ぶことも、自分のキャリア設計の一つの手段です。
 
 自分がビジネスマンとして、どんなキャリアを積んでいきたいのかを、今一度考えてみるとよいでしょう。

②収益力の高い業界の探し方のポイントとは?
 
 既卒で就活を行っているひとは、専門家のように財務諸表を読み込むのは難しいものです。そこで、ポイントを絞ってチェックする方法を教えたいと思います。それは、「売上高利益率」を見るという方法です。

 「売上高利益率」とは、損益計算書上の利益額を、売上高で割った数値を指します。この値が大きくなればなるほど、収益性が高いと考えられるのです。
 
 前章で説明した通り、各業界の大手2~3社の「売上高利益率」を比較すると、業界の収益力がどうなっているのかを予測することが可能です。
 
 また、もっと手っ取り早く業界の「売上高利益率」を知る方法として、中小企業省庁が調査・公表している、業種の平均値を参考にするという方法もあります。
 
 前年のデータだけを見るのではなく、ここ数年の業界の「売上高利益率」を調べ、好調・不調の理由を分析したうえで、将来性がある業種を探すのが、就活のセオリーといえるでしょう。将来の自分が困らないように、どうキャリアを積んでいくのかも考慮しながら、業界研究を進めるようにしてくださいね。

 - 優良企業を見つける

  関連記事

no image
キャリア形成ができる職場かチェック!

①志望業界の選び方のポイントとは?  既卒で就活をするからには、スタートで出遅れ …

就職活動に影響?正規雇用と非正規雇用の違いって何?

正規と非正規雇用の違いを項目毎にチェック  正規雇用と非正規雇用の違いに関する知 …

既卒で仕事を探す

準備ができてから仕事探しを  仕事探しをする場合には探す前に準備ができてから探す …

既卒にとって良い求人とは何か

良い求人は見つかるか  既卒は新卒に比べれば立場的には不利であるため、選べる求人 …

既卒とハローワーク

既卒でハローワークは…  ハローワークはお馴染みの公共施設であり、仕事を探すとな …

no image
人気の業界・職種をチェック!

①人気の業界・職種とは?  既卒で就活を行っているみなさんに、参考にしてほしいデ …